熟恋華で出会ったFカップ淫乱看護師と秘密のテレエッチ体験談

今回の「アプリで電話エッチ体験談」は、酔いどれジィさん(64歳 男性 栃木 会社員)からの投稿です。

加齢によりあっちの方もだいぶご無沙汰なご様子の酔いどれジィさん。
そんな酔いどれジィさんがたどり着いたのは「熟恋華」という一つのアプリでした。
こちらのアプリ、シニア層に特化した通話アプリとなっており人気の高いアプリです。
登録まで超簡単、あっという間に素敵なマダム達と通話が出来るこちらのアプリ。
今回はそんなアプリで出会ったとあるFカップ淫乱看護師とのテレエッチ体験談についての投稿を酔いどれジィさんから頂きました。


64歳で来年退職を迎える会社員です。

子供も自立し今は嫁と2人暮らしですが、この年ですからアッチの方も全くです…。

2か月ほど前、妻が昔の友人と食事に行くと家を不在にした日のこと。

久しぶりの一人になんだかムラムラしてきて、昔から一度は試してみたかった番組を試してみました。

スマホ繋がった女性は30代の看護師

私が興味を持った通話アプリが熟恋華。

見ず知らずの中高年熟女と、メールや音声・ビデオ通話でお話しながら、運が良ければそのままテレフォンセックスも出来るスマホ専用番組と紹介されていました。

登録は簡単で、私みたいなメカ音痴でも1分もあれば即完了。

サービスの内容を確認しながらお気に入りの熟女へメールをすると、うち一人の女性から即返信。

…数年前まで、妻には内緒で出会い系サイトを楽しんでいましたが、まるでその世界と変わりなく、何だか心が踊り始めます。

彼女は想像以上の淫乱さで…

彼女は咲子さんで、32歳。

この番組だと40代以上の熟女が多いと聞いていましたが、想像よりかなり若い方です。

しかも私の娘と年齢が一緒のため、はじめは少し悩みましたが、彼女からの誘いもあり思い切ってビデオ通話を繋げることに。

目の前には娘と同じ年齢とは思えないほど、綺麗で既に大人のフェロモンがプンプンした美しい女性が登場です。

そして真っ赤な口紅と、唇の脇にあるホクロが更にエロさ際立たせています…。

初めに軽く挨拶してビデオ通話を開始。

私の方から開口一番出た言葉は、

「こんな年寄りジジィで申し訳ない」

すると咲子さんは微笑みながら

「私年上好きだから気にしないで」と返してくれました。

ホッとしました。

トークを続けながらいくつか判りました。

咲子さんは現在看護師をしているみたいで、本日は夜勤明けみたいです。

それにバツイチらしく、お子さんは普段実家に預けているみたいですが、夜勤明けの日だけは自宅にいるとのこと…。

彼女は気さくにお話出来る方であり、私的には大変楽しい時間が過ぎていきます。

それからだいたい5分後。

「ゴメンナサイ、ちょっと疲れたから…」

と言い、彼女はカメラから少し離れ、後ろの壁にもたれかかります。

…オオー!

先ほどまではお顔中心でしたが、今は全体を確認することが出来てミニスカートから明らかにパンティが丸見え…しかも黒…。

少し私のアソコが反応してきました…。

彼女のオナニーを鑑賞しながら抜けました…

咲子さんとのライブは続きますが、意図的なのかスカートをパカパカとするのものだから、正直トークに集中できません。

そして咲子さんから「ねぇ…私ね、ここでいつもスッキリさせてるの…見ててくれる」

何を言っているか意味が判りませんでしたが、咲子さんは足をМ字に開きだし、服をまくり上げオッパイをモミまくります。

…オナニー人前でするんですか!凄い!

さっきまで気づきませんでしたが…恐らくFはあると思います。

咲子さんのオナニーは更にエキサイトし、デカイおっぱいの片方を持ち上げたかと思うと、自分で自分の乳首を舐め始めます!

もう堪りません

私はパンツを脱ぎ捨て、マラをシゴキ出します。

互いに性器をこすり合う快楽

彼女も私のマラを見た瞬間、アソコへの指入れが相当早くなってきました。

…あんな綺麗な顔して、自分の指でマンコをホジクリやがって…この変態淫乱肉便器め!

心の中で、何度も変態な言葉を吐き続けながら自分自身を鼓舞している私…。

ふと、私の息子に目をやると何年かぶりにビン立ち。

…実は数年前から勃起力も低下、また持続性も話にならず、最近チンポを見ることすら大嫌いになっていましたが、これに驚きました。

その後も咲子さんはいやらしい言葉を吐いてくれます。

「凄い凄い…アー、大きいじゃないですか…触りたい」

「私のマンコでそんなに感じてくれてるの。嬉しい」

「どう私のアナル…毛が生えていない」

「この変態ジィジィ」

…何もかもステキでした。

次に咲子さんは、余った片手でサオを扱く仕草をしてくれます。

…これも最高だ!
咲子さんのエアテコキに私は一気に下半身が熱くなり、彼女へ断りもなく射精です。

その後も咲子さんから何度も刺激的で興奮出来る変態用語が飛んできましたが、残念ながら今の私はこれが限界…。

その後はお礼を言って終了です。

咲子さんさんともはこれで最後となりますが、ココでのプレイが癖になった私は、頻繁にスケベな熟女とテレフォンセックスを今も楽しませてもらっています。

酔いどれジィさん、アプリで電話エッチ体験談の投稿ありがとうございました。
加齢によりそういった欲求や勃起がしづらくなるのはある意味当然の事。
しかし大丈夫です、昨今では非常にバラエティ豊富な性的コンテンツが溢れております。
自身の好みに合致したコンテンツを探せば十分、素敵な性生活を送ることが出来ちゃいます。
熟恋華はシニアからの支持も熱く、簡単お手軽にマダム達と会話が出来ると評判のアプリです。
熟女が好みだという男性にぜひおすすめしたい、そんなアプリとなっております。